神社豆知識 神社豆知識

手水の作法

神社の鳥居をくぐったら、参拝する前に手水舎で身を清めます。

①

まず柄杓を取り、清水を汲んで左手にかけ、左手を清める

②

柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清める

③

再び柄杓を右手に持ち、左手のひらに水を受けて口をすすぐ。口をすすぎ終えたら、もう一度、左手を水で流す
※後の人が気持ちよく手水を使えるように心がけましょう

POINT 手水舎の水を使って手と口をすすぐことを「手水を取る(使う)」といいます。
これは禊(みそぎ)を簡略化したものです。川や海に浸かって全身を清めることが本来の姿でした。

拝礼の作法

神前に進んだら姿勢を正し、二拝・二拍手・一拝の作法でお参りします。

①

直立の姿勢から背を平らにして90度に腰を折り、頭を下げる。これを2回繰り返す
(二拝)

②

両手を胸の高さに合わせ、右手を少し引いて2回拍手を打つ
(二拍手)

③

手を下ろし、最初と同じように頭を下げる
(一拝)

POINT 拝礼の基本作法は「二拝・二拍手・一拝」ですが、歴史的にさまざまなものがあり、
神社によって違う場合もあります。拍手は日本古来の拝礼作法です。

玉串拝礼の作法

①

神職から玉串を受け取る際には、左手で先のほうを下から支え、右手でもとのほうを上から持つ

②

胸のあたりで少し肘を張り、玉串の先のほうを少し高くする。神前の玉串案(玉串を捧げる机状の台)の前まで進み、15度の敬礼

③

玉串を右へ90度回し左手を玉串のもとのほうへ下げ、両手でもとを持ち祈念をこめる

④

右手で先の方を裏から支え、右回りに玉串を回す

⑤

元のほうを神前に向けて、一歩進んで案の上に置く

POINT 祝詞奏上のときは上体を60度傾けて伏します。

神棚のまつり方

お神札の納め方お神札の納め方

神棚は東か南向きを原則に、清浄な場所に設ける。神棚を新たに設ける場合には神職にお祓いをしてもらい、
宮形には、神宮大麻、氏神様、崇敬神社の順番でお神札を納める。

毎日の参拝について毎日の参拝について

神棚には、榊を飾り、毎朝、神饌(しんせん)をお供えして参拝します。
お神札は、新年を迎えるに際して新たに神社から受け、古札は神社にお納めする。

神社豆知識のタイトルが入ります

大太鼓1

神社豆知識の文章が入ります。